WRX・STi(VAB)D型の開発日記更新しました。2017/10/19 15:12

WRX/STI-Dモデルの開発日記を更新しました。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageVAB-D.html

納車予定は12月なのでまだ2ヶ月近くありますが、既に各部のパーツ手配と調査を行っています。

車両が納車されしだい慣らしを完了してPN車両化して、新旧の正確な比較テストを行います。

スイフトスポーツ(ZC33S)の適合パーツ2017/10/13 11:38

新型スイフトスポーツ(ZC33S)のアルファ及びリジット適合パーツをアップしました。

・リジット・ブレーキパッド
・リジット・クラッチストッパー
・アルファ・ヒールプレート
・強化エンジンマウント

http://www.ms-alpha.co.jp/PageNew.htm#302

ヒールプレートの簡易的な取り付け2017/09/01 10:21

車のフロアーカーペットの穴あきを防止するアルミ製ヒールプレートは、ボルトやリベットで固定するのがベストな方法ですが、強力なマジックテープでフロアカーペットに固定する方法でも取り付けは可能です。
(取り付け面を十分に脱脂し、マジックテープの裏紙を剥がして接着します。)

ただ、競技によってはマジックテープでの固定方法は規則上で認められない場合がありますので、参加する各競技会主催者に可否を確認して下さい。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageHeelPlate.html

痒いところに手が届く・・・。2017/08/31 12:00

またもや、ND型ロードスター用のパーツを作りました。

カーペットの穴開け防止用アルミ製ヒールプレートのND型ロードスター対応品を追加設定いたしました。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageHeelPlate.html

また、簡易的に固定したい方向けに、強力なマジックテープも別売設定いたしました。

昨日はテストでした。2017/08/30 12:10

日曜日は浅間台スポーツランドで開催されたJAF関東ジムカーナ選手権の視察しました。

相変わらずの凝りに凝ったパイロン設定に各選手が手こずっていましたが、見ている分には楽しめました。

ただ、午後の競技中にオイル洩れ事故があり、オイル処理で数十分間競技が中断した事が残念でした。

今回のオイル漏れが整備上のミスかどうか?は判りませんが、コース上でのオイル洩れは後続車両や主催者に多大な迷惑をかけることになりますので、最大限の注意が必要ですね。

火曜日にも浅間台スポーツランドに行き、スイフトスポーツ(ZC32S)でのパーツ開発テストを行いました。

日差しが強く猛暑でしたが、風が涼しかったので身体的には楽でテストも順調にこなすことが出来ました。

2017年全日本ジムカーナ選手権・第5戦美川ラウンド2017/07/18 14:59

7月15日~16日に愛媛県の美川スポーツランドで開催されたJAF全日本ジムカーナ選手権第5戦に参戦しました。

リジットワークスWRX・STIに乗る岡野博史選手はテクニックを駆使して激走するも傾斜と標高に苦しみ、僅か0.2秒届かず表彰台を逃しました。

次回、8月20日に広島のスポーツランドタマダで開催される第6戦では、再び表彰台を目指します。

岡野博史選手の動画はこちら。
https://youtu.be/TGhlWmUnV9w


なお、リジットサポートの河本晃一選手はZ34NISMOに新設定されたブリヂストンRE05Dを装着し見事2位に入賞しました。
https://youtu.be/6tzdH1oMh2c

頑張ってくれています。2017/04/28 14:33

エビスサーキットで開催された全日本ジムカーナと同日に九州では地区戦の第3戦が開催されました。

第1戦と第2戦では同じチーム員の後塵を拝していた山家丈夫選手ですが、今回はアドバンA052を装着したアルファ・フルコンプリートBRZで見事にクラス優勝を獲得してくれました。

同じフルコンプリートでありながら結果が全く出せない小生に変わって、沢山のコンプリーカーユーザーが良い結果を出してくれて、心から感謝しています。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageBRZ2016.html

エアー圧精密測定器具2017/01/20 10:34

最近、リジットエアゲージのデジタルタイプ「RA003」が少量ながら売れています。

価格は「\118,000(消費税別)」と自動車用のエアーゲージとしては最も高価な製品だと思われます。
(単にエアーゲージと言うよりは、タイヤエアー圧精密測定器具と言えます。)

リジットワークス車両が全日本ジムカーナ選手権に参戦する際には、このデジタルエアーゲージを使用していますが、精密なエアー圧調整が1/1000秒単位で争うジムカーナでは勝敗を別けると思っています。

これほど緻密なエアー圧調整が必要な事は通常ではありませんが、精度の保証されていないエアーゲージでのエアー調整には不安が残ります。

摩耗が早く高価なタイヤを無駄なく使うためには、モータースポーツ用の高精度なエアーゲージを使用して欲しいと思っています。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageAirGauge.htm

PS:デジタルゲージの使用温度域は0度~50度の範囲なので、ウインターラリーや氷上トライアル等には使用できませんので、アナログタイプをご使用下さい。

600kps2016/06/03 07:15

近年のジムカーナ競技向けタイヤは年々グリップが上がり、その分摩耗もより進む傾向なので経済的な負担が増えています。

この高価なタイヤの性能を100%引き出すには、正確な空気圧を測定できるエアゲージが必須なのですが、ベテランの選手でも結構いい加減なエアゲージを使っている人も多く見かけます。

また、最近ではタイヤに400kpsものエアーを入れて走る車両も増えてきているので、従来の測定範囲が400kpsタイプのエアーゲージでは正確な空気圧測定が困難になっています。

リジットでは、使用する競技や車両で選択出来るように、アナログゲージでは400kpsタイプと600kpsタイプの2種類を設定していますので、目的に応じてご使用ください。

高性能なエアーゲージで好成績を目指してください。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageAirGauge.htm

BRZ・アプライドE2016/05/12 07:20

5月10日からビッグマイナーチェンジするBRZのアプライドEモデルの仮契約が開始されましたので、いち早い納車の為に契約を行いました。

今回のBRZも信頼出来る店長とスタッフが居る埼玉スバル・浦和店での購入です。

発売日は8月1日なので、まだ3ヶ月近くありますが、この所スバル車を買うときには毎回待たされるので慣れてきました。笑

デミオ15MBのパーツ開発も一通り完了しましたので、心残りなく乗り換えが出来そうです。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageBRZ.html