昨日の東京部会では・・・・。2018/08/08 12:02

昨日の夜にJAF東京支部5階会議室で開催された、JMRC東京ジムカーナ部会では来年に向けての貴重な情報が多数聞くことが出来ました。

まだまだ流動的な内容が多いので、正式な決定まではネツトでの公表は出来ませんが、来年も継続して関東でジムカーナに参戦する選手は今後も正確な情報の収集を心がけて下さい。

9月の東京部会は9月11日(火曜)午後7時間からですので、今後の正確な流れを知りたい選手は是非参加して直接情報収集して下さい。

部会の会場はこちらです。

https://www.google.co.jp/maps/place/JAF+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%94%AF%E9%83%A8/@35.6530813,139.7529603,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x1558c69cee7dc23b!8m2!3d35.6530813!4d139.7529603

今晩はJMRC東京ジムカーナ部会2018/07/10 12:00

今晩の19時30分よりJMRC東京ジムカーナ部会が港区のJAF東京支部5階会議室で開催されます。

https://www.google.co.jp/maps/place/JAF+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%94%AF%E9%83%A8/@35.6528642,139.7535838,16.06z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x1558c69cee7dc23b!8m2!3d35.6530813!4d139.7529603

ネットで広がる不確かな噂話や情報に惑われれて右往左往したくない選手には是非参加して正確な情報を得て欲しいと思います。

もし、個人での参加が難しい場合には所属クラブの代表者又は幹部に対して出席を促して下さい。

関東に於ける来年のPN車両タイヤ規制について2018/06/26 11:32

来年の関東の各ジムカーナシリーズに於けるタイヤ規制に関して、6月24日に筑波サーキットジムカーナ場で開催されたJMRC関東ジムカーナチャンピオンシリーズ第4戦の会場にて、JMRC関東ジムカーナ部会役員よりアナウンスがあった様ですが、内容を間違えてとらえている選手が居ると聞きました。

未だに詳細は決まっていませんが、地区戦は全日本戦と同じとして、チャンピオン戦と都県戦でのPN車両に対しては今年のNTクラスの規制を適用する事になりました。

なお、追加規定として純正装着タイヤや安価なアジアンタイヤでの参加が出来ない現状を考えて、30サイズの国内販売が証明出来ないタイヤでもUTQGのトレッドウエア値が一定値(240以上?)を越えていれば使用出来る事になる予定です。(200以下の数値指定になることはありえません。)

また、一部の選手から「中村が特定タイヤメーカーの利益誘導している。」等という笑える話を拡散している人が居ると聞きましたが、その方には東京部会に出席しているクラブ代表者に直接事実確認をして欲しいと思います。

もし、特定メーカーへの利益誘導が事実なら小生はこの業界から去ります。

小生の考えるタイヤ規制は下記の内容が全てですので確認をして下さい。
http://boushachou.asablo.jp/blog/2018/01/10/8766569

残念ながらこの案は多数決により通りませんでしたので、タイヤコストの軽減は難しい状況となりました。

この考えに賛同してくれてた方々には力及ばず大変申し訳ない気持ちですが、UTQGのトレッドウェア(摩耗係数)と言う概念が規則に一応組み込まれただけでも良しとしたいと思っています。

ワンツーフィニッシュ2018/06/05 14:58

6月3日に新潟県のスピードパーク新潟で開催されたJAF関東ジムカーナ選手権第5戦に参戦しました。

Wエントリーの岡野博史選手が見事な走りでPN4クラス優勝を獲得し、今期の3勝目を獲得しました。
https://youtu.be/lzyVKP-0uLA

2位にはアルファコンプリートWRX・STI(VAB)に乗る新井範正選手が入り、JAF公認ジムカーナにおけるVAB初のワンツーフィニッシュとなりました。

今年の全日本には1台も参加していない現行発売車種のVABが関東の地区戦では4台も参加するとは・・・。(全部アルファコンプリートカーだったりします。笑)

それにしても減少傾向が続く関東のジムカーナで新潟ラウンドでは参加者が増えるとは驚きですが、素晴らしい運営、楽しいコースレイアウト、良い賞品と賞金なので遠征してでも参加したいと思うのは当然と言えば当然でしょうね。

浅間台ウエット2018/05/15 12:33

5月13日に浅間台スポーツランドに於けるJAF関東ジムカーナ地方選手権第4戦に参戦しました。

1本目はドライ路面で2本目はウエット路面になりましたが、岡野博史選手は1本目に僅差でベストタイムをマークしたので、逃げ切り優勝となりました。

1本目はミスが目立ちましたが、二本目のウエット路面では素晴らしい走りを披露しましたので、動画をアップしました。

https://youtu.be/BFPtJ47iWEQ

小生は久しぶりにまともに走れて、4位となりました。

次回の参加は6月3日のスピードパーク新潟での地区戦第5戦となります。

ジムカーナ段位ステッカー2018/05/11 13:30

数人の選手から5月13日の関東ジムカーナ地区戦にてジムカーナ段位ステッカーの発給を希望されましたので、希望者の分を持参します。

現地には希望者分のみ持参しますので、発給を希望される方は明日12日の6時までにアルファまでメールにてご連絡下さい。

ご連絡があった選手には当日の会場で段位ステッカーを手渡します。
http://gra.webcrow.jp/

関東地区戦第4戦の考察2018/05/10 10:55

5月13日日曜日に浅間台スポーツランドで開催される、JAF関東ジムカーナ地方選手権第4戦のエントラントリストがアップされました。
http://www.jmrckg.com/img/j04/j04-ent.pdf

今回の参加台数は111台と前年の104台から7台増加しています。
昨今の各地区・各シリーズでの参加者数減少傾向を考えると快挙と言えます。

特にPNクラスの増加が目立ちます。

昨年は約51%だったPNクラスは68%の占有率となり、特にPN3クラスは43台と過去最大の参加台数となりました。

この盛り上がりを維持出来るかどうか?は7月に発売が予定されているパワーアップされた某車両のポテンシャル次第ですが、個人的には新たなクラス区分の策定が必要になると考えています。

昨日は東京ジムカーナ部会2018/05/09 13:04

昨日の夜はJMRC東京ジムカーナ部会でした。

毎月第2火曜日にJAF東京支部の会議室で行われていますが、毎回有意義な意見交換と前向きな提案が出されるので、出来るだけ休まずに参加しています。

このところの部会テーマはやはり来年に向けてのタイヤコストの軽減ですが、関東部会報告を効く限りでは大幅なコストダウンは望み薄に感じました。(まだ、大逆転を期待していますが・・・・。)

やはり、大元の全日本からタイヤ規制を行わないことには根本的な解決は難しいと思っていますので、早急な対応が強く望まれます。

今のままでは、タイヤ消耗の激しいPN車両の4WDクラスは絶滅危惧種になると思います。

世代交代の兆し?2018/04/17 16:06

4月15日にツインリンクもてぎマルチコースで行われたJAF関東ジムカーナ地方選手権第3戦で最も大きな話題になったのは、あのパイロンの魔術師と言われている岡野博史選手が地区戦参戦が僅か3戦目のヤングドライバー(未成年)に破れた事だと思います。

確かに種々の条件が重なった結果と言えばそれまでですが、それでも素晴らしい結果だと思います。

長らく4WDのクラスは色々とハードルが高い事もあって、若い選手の参入が難しい状況でしたが、超若手の出現で関東のPN4クラスがにわかに楽しくなってきました。

次戦の浅間台ラウンド(5月13日)では岡野君も今まで以上に気合いを入れて走ると思いますので見応え十分な戦いになると今からワクワクしています。

PS:岡野君の左手にとお父さんの笑顔に注目!!

関東地区戦第3戦2018/04/12 14:19

JAF関東ジムカーナ地方選手権第3戦の参加者リスト(ゼッケン入最終)とパドック配置図がアップされました。

エントラントリスト
https://www.shakedown.info/app/download/9811443268/18kan_entL.pdf?t=1523499355

パドック配置図
https://www.shakedown.info/app/download/9812134368/padock.pdf?t=1523499305

昨年の同時期に同会場で開催された時の参加者数が「106名」なので、今回の「104名」は微減と言えます。
ただ、今のままでは来年には2桁台になるのでは?という危機感を小生は強く持っています。
PNクラスは昨年が47.2%でしたが今年は67.3%と約20%も増えていますので、これからのジムカーナの明暗を分けるのはPN規定の今後のあり方だと思います。

今回のパドック配置図には1名当たり2枠のスペースが付与されるとの記述がありました。全日本ジムカーナ選手権より参加費が安いのに2枠も使えるとは素晴らしい配慮だと思います。天気予報が雨なので選手としては大助かりです。