猛暑を乗り切るために・・・。2018/04/04 10:39

アルファワークスVABにワコーズのパワーエアコンプラスを注入しました。

エアコンの吹き出し温度が下がるので、
黒い車でも今年の猛暑を楽々乗り切れます。

http://www.ms-alpha.co.jp/PagePAC-PLUS.html

ボッチタイマー2018/02/21 10:24

最近、関東の地区戦ドライバーの間でもてはやされている通称「ボッチタイマー」です。(正式名称もあるような無いような・・・。笑)

一人ぼっちでも計測出来るので、このような愛称が付いた様ですが、小生も2セット購入して試しました。

発光器側と受光器側との位置関係の調整にやや癖がありますし、セッティングがずれていると時々計測エラーが起きますが、結構便利に使えます。

一人ぼっちでスタートとゴールが異なる場合には2セット必要ですが、仲間が居れば1セットで間に合います。

先日、光電管システムとの誤差を測定しましたが、光電管設置場所より約1m手前に発光器を設置して、受光器をドアミラー上部に装着すれば、0.03秒程度の誤差範囲に収まりました。

なお、測定エラーの可能性を低くするために、発光器側の単3電池は毎回新品にすることをお奨めします。

PS:やや粗雑な作りなので購入は自己責任でお願いします。

ジムカーナ入門に最適な極上デミオ2018/02/06 16:06

ジムカーナ入門に最適なデミオスポルト(DE5FS)の極上車がアルファ・ユーズドカーコーナーにアップされました。

屋根付き車庫&ボディカバー保管で走行距離も約23000kmと少な目です。

詳細はこちらで。
http://www.ms-alpha.co.jp/Sale18.02.06-01.html

本格的な夏を迎える前に2017/05/27 10:00

本格的な夏を迎える前にワコーズの「パワーエアコンプラス」の添加をお奨めします。

エアコンの冷風吹き出し温度が数度下がりますので、エアコンコンプレッサーの負担を軽くし、エンジンパワーロスを軽減します。

アルファの所有車両の全てに添加して、その効果を確認しています。

http://www.ms-alpha.co.jp/PagePAC-PLUS.html

シーズン前の・・・。2017/02/01 16:31

ワークスWRX・STI(VAB)もシーズン前のお約束、RECS処理!!

http://www.ms-alpha.co.jp/PageRECS.html

シーズン前の定番メンテナンス2017/01/25 11:38

RECS処理は競技車両のシーズンイン前の超お奨めメンテナンスです。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageRECS.html

燃焼室やピストン上部に堆積したカーボンを除去する事で、エンジン本来のパフォーマンスを回復させます。

特に、カーボンが堆積しやすい直噴エンジン搭載の86・BRZでは1年に1回はRECS処理する事をお奨めしています。

中古競技車両を買うときは・・・。2016/10/05 07:54

ジムカーナシーズンの終了が近づいて、来年に向けて多くの選手の車両入れ替えが進んでいますが、中古競技車両を購入する際には、規則に精通したショップで製作された車やモラルの高い選手の車を選択するのが肝要です。

最近の事例で、個人売買で購入したPN仕様車に社外のドライブシャフトとマフラーリングが装着されていた事が車検整備で発覚しました。

当然、それらの交換費用が発生する事になり、購入者の負担が増えました。もちろん、前所有者に対して費用の請求を行う事になりますが、イベントでの車検で発覚して失格となったら、一生その事を指摘される事になり泣くに泣けません。

後、取り外したり交換した純正部品が全てそろっている車を選ぶことも大切です。純正部品が無い場合、競技車両としての売却が難しい際に、ラインオフの状態に戻して売却することが出来なくなります。

以上、老婆心ながら。

本格的な夏が来る前に・・・。2016/07/07 08:35

本格的に暑くなる前にアルファワークスWRX STIにワコーズのパワーエアコンプラスを注入しました。
http://www.ms-alpha.co.jp/PagePAC-PLUS.html

これで、コンプレッサー保護、燃費向上、静粛性の向上、冷却能力の向上が期待できます。

新車でも十分に効果ありますが、エアコンの効きが落ちてきた高年式車両に注入するとより効果が体感できます。

600kps2016/06/03 07:15

近年のジムカーナ競技向けタイヤは年々グリップが上がり、その分摩耗もより進む傾向なので経済的な負担が増えています。

この高価なタイヤの性能を100%引き出すには、正確な空気圧を測定できるエアゲージが必須なのですが、ベテランの選手でも結構いい加減なエアゲージを使っている人も多く見かけます。

また、最近ではタイヤに400kpsものエアーを入れて走る車両も増えてきているので、従来の測定範囲が400kpsタイプのエアーゲージでは正確な空気圧測定が困難になっています。

リジットでは、使用する競技や車両で選択出来るように、アナログゲージでは400kpsタイプと600kpsタイプの2種類を設定していますので、目的に応じてご使用ください。

高性能なエアーゲージで好成績を目指してください。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageAirGauge.htm

ジムカーナ入門者のバイブル2016/05/07 07:33

飯塚昭三著の「ジムカーナ入門」はジムカーナ入門者の必読者です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E5%85%A5%E9%96%80-%E6%96%B0%E8%A8%82%E7%89%88-%E9%A3%AF%E5%A1%9A-%E6%98%AD%E4%B8%89/dp/4876873399/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1462542274&sr=1-1&keywords=%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E5%85%A5%E9%96%80

紙媒体は長く保管出来ますから、数十年後に読み返すと必ず昔を懐かしく思い出すことが出来ますので、是非1冊は購入して手元に置いておいて欲しいですね。

飯島洋治著の「必勝ジムカーナセッティング」も必読書ですね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4876872929/ref=cm_sw_r_fa_dp_eyhlxb1BCSBWN