アルファ・ドライビングレッスン2020/01/25 14:11

今週の水曜と木曜は浅間台スポーツランドでスポーツドライビングレッスンでした。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageSchool.Top.html

スポーツドライビングやジムカーナのレッスンはもちろんですが、ドライビングポジションやサスペンション、エアー圧などのセットアップもレクチャーしています。

今年も精一杯頑張ってレクチャーいたします。

JMRC関東ジムカーナ部会からの公示2020/01/24 10:24

JMRC関東ジムカーナ部会より本年度のタイヤ規制に関しての公示がアップされました。
http://www.jmrckg.com/gijiroku/201912-tire.pdf?fbclid=IwAR105MHEZ_7fle5xwCBCuZNPOeSgsV77r8oCOKZ38_k8ZUH2XMQOuvsBZzU

JMRC関東ジムカーナシリーズ共通規則書
http://www.jmrckg.com/kisoku/2020-kisoku.pdf

公示文章の中のこの部分を個人的に一番評価しています。

「◎.『使⽤禁⽌タイヤ銘柄リスト』は、採⽤しない。
・これまでの『⼀般市販品に対しメーカー及び銘柄を指定しての排除は⾏うべきではない』とのスタンスは続けるべき。
・使える/使えないの判断には明確なルールを制定すべき。 」

小生は「何となくダメ」とか言う銘柄指定の様な曖昧な規則では、タイヤメーカーは新たなタイヤの開発が出来ないので、明確な基準が必須だと思っています。

なお、某社から2月から順次発売されるスポーツ系タイヤは「2019年12月31日現在で、1銘柄で単一コンパウンドかつ国内販売が30サイズ以上のラインナップを有する事、」の規定によりJMRC関東チャンピオンシリーズのS2、S4クラス以外では今年は一切使用できませんので、要注意です。(各都県戦のWタイトル戦でも同じです。)

レースの意識高い系2020/01/21 11:03

某レースシリーズでもUTQGを採用される様ですが、この流れがどんどん広がるといいですね。

やはり、パターン、サイズ数、溝面積、ラベリングでは上手くタイヤ規制出来ない現状ではUTQGのトレッドウェアしか無いと小生は思っていますが、トレッドウエア値による規制でも表面は固いコンパウンドで一皮むくとハイグリップコンパウンドが顔を出すような二重構造のタイヤが弊害を生む可能性が出てきているのが懸念材料ではあります。

2020年 アドバン・スカラシップ2020/01/18 09:45

本年度もアドバン・スカラシップが設定されました。

https://www.y-yokohama.com/cp/motorsports/scholarship/?fbclid=IwAR236815638qRMFd5GJ4wrHmuiowNojlnI9shT8iSA6C2J6cEi2r1eienxI

昨年とは登録可能シリーズ数、最大供給タイヤ数が異なっていますので、良く読んでから登録して下さい。

個人的は一度登録したら1年間は途中で他のメーカーに乗り換えたりせず、シーズンを全うして欲しいので、登録する際には慎重に検討してからにして欲しいと思っています。

ヤリスGR4の野性味?2020/01/17 10:23

章男社長がGR4に野性味を求めるなら、競技ベースのRCは強化エンジンマウントや強化ゴムブッシュを採用して、アンダーコートや遮音材を無くせば簡単ですよね。

車重も軽くなるし改造コストも下がるから一石二鳥!!

ストリートユーザーには快適装備の充実したRZがあるので、競技ベースのRCは思いっきり競技向けにして欲しいと思っています。

https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/88abf8b6473be23214c1c4c48271ec4d0598e8fc/?fbclid=IwAR1cWVITvZ9M6Noslq0IkN7_At8PMiEOINHK3MuDv6FPy7rxNUxuYYt2x_Y

今のVABは無駄に豪華&フル装備なので、エボⅩRSの様なスパルタンな車に久しぶりに乗れるのが楽しみです。

ヤリスGR4開発日記スタートしました。2020/01/16 10:05

まだ早いとは思いましたが、気の早い性格なので「GR4開発日記」を初めてしまいました。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageGR4-Kaihatu.html

まだ、仕様の各データが未発表なので明らかに成り順次追加して行きます。

これから納車まで8ヶ月近くあるので、ジムニーの時と同様に首を長くして待ちます。笑

何でヤリスGR4を買うのか?2020/01/15 11:12

GR4の事で巷では色々と誤解がある様ですが、ヤリスGR4は今までのやたらに高い限定車の様に市販車をゴテゴテと手を入れた車では無く、若い競技経験のあるトヨタ社員が自分達の欲しい車を一から作った車だとオートサロンで知りました。

だからこそ、アルファでもリスク覚悟で買う気になりました。

残念ながら購入先のディーラー選択で少し手間取ってしまい、予約開始から1日遅れでの申込となりましたが、どうも1000台以内に滑り込めた様です。

今回のヤリスGR4を検討する際には、28年前にランサーエボⅠの開発を決めたときのことを思い出しました。

ランサーエボ1がジムカーナで使えるのかどうか?全く未知の状態でも、その可能性を信じていち早く購入して開発したアルファとしては、この車を購入して競技車両としてのポテンシャルを確認することは責務だと思っています。

JMRC千葉・東京シリーズ・シリーズ表彰式2020/01/14 10:49

1月13日月曜祭日に東京都王子駅前の北とぴあでJMRC千葉・東京シリーズのシリーズ表彰式が開催されました。

当日の北とぴあは新成人で溢れかえって混雑していましたが、何とか定刻から開始することが出来ました。

祭日の開催ということで欠席者が多数発生して、残念ながら例年よりもやや寂しい表彰式になりました。

これで、いよいよ2020年シーズンが始まりますが、今まで以上に盛り上げて行きたいと思っています。

今晩は、JMRC東京ジムカーナ部会が19時半よりJAF東京支部で開催されますので、今後のシリーズに対しての意見のある方は是非参加して下さい。

なお、表彰式当日の写真が下記にアップされています。
https://jmrctokyo-g.com/info/post-10987.html

ヤリスGR-42020/01/11 13:34

1月10日のオートサロンプレスデーに行き、ヤリスGR4の発表会に立ち会いました。

会場は異様な熱気で立錐の余地もありませんでしたので、早々に他の会場に行きスポンサー企業への挨拶回りをしてから、再び見に行きました。

会場で現車を見ながらGRスタッフの方と色々と話せたお陰で、購入する意志を固めました。

本日、指定されたネット予約を完了して17年ぶりにトヨタの車を買うことになりました。

ただ、現在予約出来る2グレードはかなり高額なので、若い選手でも手が届く安価な競技ベース車両の発売が待たれます。

スバル・ツーリングアシスト2020/01/07 10:57

今回の年末年始旅行は大渋滞が予想されていたので、普段乗りのジムニーではなく年末に納車されたアイサイトバージョン3ツーリングアシスト付きのスバルXV(e-ボクサー)をチョイスしました。

乗り換え前のXVハイブリットはバージョン2だったので、待ちに待ったバージョン3ツーリングアシストです。

行きの新東名の120キロ制限区間では不満に感じていた上限114km/hの追従速度設定が135km/hにアップした恩恵を感じ、帰りの大渋滞ではステアリング、アクセル、ブレーキの全て制御してくれるツーリングアシストのお陰で疲労度は1/10以下に感じました。

まだまだ、システム的に完璧ではありませんが、加齢で注意力散漫になっている年寄りには必要な機能だと強く確信しています。