NDERC vs ZC62018/11/10 10:42

昨日は浅間台スポーツランドでロードスターRF(NDERC)とBRZ後期(ZC6)との性能比較テストでした。

横浜タイヤさんから提供されたアドバンA052を装着した2台のアルファコンプリートカーを岡野博史選手が浅間台指定コースCを使用してテストしました。

テスト結果の詳細は次回発行のプレイドライブ2019年1月号を参照して下さい。

なお、当日は生憎のウエット路面でのテストになりましたので、近々ドライ路面で同様の比較テストを行う予定です。

毎年恒例の・・・。2018/11/08 10:44

JAFCUPも終わって今年のアルファのワークス活動が終了しましたので、今シーズンの活動報告書と来年に向けての企画書をサポートを受けている各メーカーさんに送りました。

アルファはRIGID製品をサポートするメーカー的な立場と、各メーカーからサポートされるエントラントとしての立場があります。

サポートして頂ける各メーカーさんのバックアップがあってこそ、満足できるモータースポーツ活動ができていると常に感謝しています。

アルファのポリシーとして、目先の利益や多少の優劣でお付き合いするメーカーさんを変えたことは今まで一切ありませんし、これからもクビになったりメーカーさんが撤退しない限り相手先を変えることはありません。

なんとも手厚いサービス2018/11/07 11:07

JAFCUPでの走行画像をジムキタさんがアップしてくれています。
これで年賀状の写真には困りません。

https://www.rallydo.space/2017-g?fbclid=IwAR2iTAA_Z_wGs3G7WeLeDTBRTpUxF2DDeG8KHUzC5_tiqMgZ0mRS9SQ9oOs

何とも手厚いサービスですね。

これで、来年以降のJAFCUP主催者には益々プレッシャーがかかりますね。

2日間のお台場見学2018/11/06 11:46

11月3日~4日は筑波に続いてお台場のドリフトを見てきました。

常設サーキットとは異なる臨時コースでのドリフト競技の難しさが良く判りました。

3日はJAF公認の国内シリーズD1の最終戦で4日はFIA公認のIDCでしたが、どちらも激しい戦いでした。

両日を見て感じたのは、海外勢のドリフトの進歩が凄まじく、日本が発祥の地だとしても、すでに色々な面でレベル的に負けている印象を受けました。(特にロシア勢が強豪でした。)

これから、国内のドリフト業界は才能のある若い選手の発掘に全力を注がないと国内ドリフトの将来的が危ないと思います。

まずは、安価に練習できる場所の確保が急務だと感じています。

来年もJAF公認ドリフトを見守りたいと思っています。

過去最高の・・・。2018/11/02 11:57

画像は今回のJAFCUP北海道での無料ケータリングですが、これほど豪華なケータリングは初体験でした。(撮影し忘れましたが、この画像に写ってる料理以外に、地元牧場の超厚切りベーコンとフランクフルトが付いていました。)

聞くところによると、地元有志が頑張って食材を集めてくれたそうです。

ただ、残念なのは、前日のドライバーズブリーフィングで小生が質問するまでは主催者からケータリングに関しての案内が無かった事です。

事前に告知されなければ、無駄に昼食を用意してしまったと思います。

JAFCUP地域対抗2018/11/01 09:53

JAFCUPジムカーナでは地域対抗戦があり、参加選手の成績によるポイント集計により優勝地区が決まりますが、今年は開催地区が遠方なので参加者の所属地域のバラツキが大きくなり、本来なら8地区での戦いになるのですが、今年は「北海道」、「東北・関東」、「その他(中部、近畿、中国、四国、九州)」の3ブロックでの争いになりました。

結果として「東北・関東」が優勝しましたが、盛り上がりに欠けているので優勝した喜びはありませんね。(もう、地区対抗戦はやるだけ無意味な気がします。)

個人的にはJAFCUPは地区戦参加選手の1年に1回の頂上決戦であるべきで、全日本枠は不要な気がしています。(全日本枠がJAFCUPの本来の意味と意義を無くしていると常々感じています。)

写真は関東地区から参加した選手一同ですが、1年の集大成というイベントが終わってホットしている良い笑顔です。
(残念ながら2名ほど写っていませんが・・・。)

JAFCUPウイメンズクラス考2018/10/31 11:29

JAFCUPタイトルクラスに女性専用クラスが設けられて、今年で2年目になりますが、危うく不成立になるところでした。

今年のウイメンズクラスへの参加は関東の女性ドライバーだけが参加するという残念な状況となりました。

確かに北海道への遠征は費用も時間もかかるので、参加のハードルは高いとは思いますが、折角設けられたクラス存続の為にも、もう少し全国から参加して欲しかったと思っています。

確かに、女性が単独でPN車両を仕上げてジムカーナイベントに参加するのは経済的なハードルが高いと思いますし、各地区のレディースクラスがB車両で行われている事も参加者が少ない要因であると思いますが、JAFCUPのウイメンズクラスの参加車両規定がPNの2輪駆動である限り各地区のレディースクラスも同じ縛りを行うべきだと思っています。(ウイメンズクラスがB車両であったなら今回参加してくれた選手は誰も参加しなかったと思います。)

PS:一部誤解を生じる文言があるとの指摘がありましたので、修正しました。

JAFCUP20182018/10/30 15:00

10月27日~28日に北海道の新千歳モーターランドで開催されたJAFCUPジムカーナに参加してきました。

選手としては十数年ぶりに参加する全国レベルのイベントでしたが、素晴らしい運営に感激しました。(特にケータリングが過去最高でした。)

8年に一回の開催なので、気合いが違う様に感じました。

今回は事前にジムキタさんのメンバーが協力して盛り上げると聞いていましたので、チーム員にも声をかけて遠征しました。

残念ながら岡野選手はフリーターン区間での大きなロスで2位に甘んじましたが、同じチームSTPの東方選手が見事な走りで2年連続でウイメンズクラスチャンピオンを獲得しました。(ウイメンズクラスの2位もチームSTPの亀井選手が獲得しました。)

来年のJAFCUPは関東での開催ですが、今回のようなホスピタリティ溢れるイベントになれば嬉しいのですが・・・。(結構、ハードルが高いと思いますね。)

大変な事態です。2018/10/25 10:31

明日からJAFCUPの為に北海道に向かうのですが、今朝、こんなニュースが飛び込んできました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000009-asahi-bus_all

メーカー発表は無く、朝日新聞だけで流されているので正確な内容は不明ですが、リコールの内容が内容なのでとても深刻な事態です。(予想では部分交換ではなくエンジンASSY交換になると思います。)

それにしても立て続けのリコール対応で全国のスバルディーラーのメカニックさん達がかわいそうでなりません。

NCECロードスター・クラッチストッパー2018/10/24 13:57

NCEC型ロードスターのクラッチストッパーが予定よりも早く完成し、本日より発売を開始いたしました。

ドライビングポジションの適正化にご活用下さい。

品番:AA-1018

価格:\2,800(税別)

http://www.ms-alpha.co.jp/PageCstopa.htm