Aタイヤのお試し履き2011/10/20 07:45

昨日の午前中は関越スポーツランドでプライベートレッスンでしたが、
午後はそのまま居残ってデミオのテスト走行を行いました。

開発テストがメインでしたが、同時にAタイヤ「Earth1」の
フィーリング、摩耗テストも同時に行いました。

浅間台スポーツランドよりもグリップが高く
攻撃性も高い路面なので、摩耗はすすみますが、
摩耗度合いは問題の無いレベルだと判断出来ました。

関越スポーツランドをAタイヤで走る事は、
自由自在に振り回して走れるので、もの凄く楽しく感じました。

やはり、縦溝規制で種々の問題や弊害が発生する前に、
PNクラスのタイヤは。Aタイヤに制限するべきだと強く感じます。
(縦溝のある過激な海外タイヤが流行始めていますので・・・。)

Aタイヤは、駆動関係へのダメージが少ないので、
シャフト破損トラブルも大幅に減少します。
エンジンマウントやサスペンションブッシュを強化出来ない
PN車両には最適なタイヤです。

改造範囲に対応すれば、下記の様なタイヤの使い分けが
適切だと思っています。

・SA車両:Sタイヤ

・N車両:Sタイヤ又はRタイヤ

・PN車両:Aタイヤ

※10月30日に
浅間台スポーツランド「http://www5.ocn.ne.jp/~asama.sl/」で行われる
計測サービスにテスト中のEarth1を持ち込みますので、
Aタイヤのお試し走行を希望される方はアルファまでメールをお願いします。
alpha@ms-alpha.co.jp
(申込の際には、フルネーム(ハンドルネーム不可)、装着車両を明記して下さい。)

持参するタイヤは下記のランサー(CT9A、CZ4A)とデミオ用ですが
マッチングが取れると思われる車両でのお試しもokです。
(N及びPN仕様車両に限定させて頂きます。)

ランサー用
・245/40-18 9.5J-18 +35
・245/40-18 8.5j-18 +37

デミオ用
・195/50-15 7J-15 +48
・185/55-15 7J-15 +48

Aタイヤでのウェット走行2011/10/17 08:09

一部で懸念されていたAタイヤ「Earth1 EP400」でのウェツト走行です。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=hv4yejAQZKk

浅間台スポーツランドのウエット路面を知っている人であれば
この走りの凄さが判ります。

ちなみに、某地区戦ドライバーの約1.6秒落ちでした。

Sタイヤと同じ突っ込みをするなら別ですが、
まともなジムカーナドライバーであれば
Aタイヤでのウエット走行に危険性は無いと判断出来ます。

ただ、ドライ路面でもそうでしたが、
Aタイヤではターンは難易度はかなり上がりますから
より腕の勝負になる事は確実だと思います。

Aタイヤでのジムカーナでの最大の懸念材料は
スキール音でもブロック飛びでもなく、偏摩耗だと思いますが、
30本もハイパワー4WDでの全開走行をすれば
ソフト系のSタイヤなら、既に坊主タイヤになっていますので
経済面でのメリットはAタイヤでも十分にあると思います。
(現在のRタイヤよりも経済的な負担が減ることは無さそうですが・・・。)

Aタイヤテスト結果2011/10/14 08:58

今回のテストは、ある人物からの示唆によって始めたテストでした。

僕自身もAタイヤ「転がり抵抗:A通称エコタイヤ」での
ジムカーナ走行に関しては否定的な見解でしたが、
実際にジムカーナ走行をしないで、頭から否定する事は
出来ないと考えて、自主テストを行うことにしました。

まずは、手弁当でテストに協力してくれたチーム員と
急な装着依頼に快く応じてくれた、某選手に感謝します。

テストを行った結果の概要は下記の様な感じです。

AD08での走行動画
http://www.youtube.com/watch?v=bBUv2478aD0

EP400での走行動画
http://www.youtube.com/watch?v=sLG1szyUbuc


・Earth1のスキール音はネオバと同等又はそれ以下

・ブロック飛びは無いが、ブロックの編摩耗はやや多い

・タイムは浅間台のフリー走行Hコースでネオバの約3秒落ち

・エアー圧はネオバ系のRタイヤ(通称:レギュラータイヤ)よりも、さらに高くなる傾向

・横方向のグリップ力は弱いながら、縦方向は十分なトラクションがある

・ターンはフロントが逃げる傾向なので、よりテクニックが要求される傾向

以上に様な結果となりました。

このような結果ですが、
Aタイヤは今後まだまだ進化する可能性を感じますので、
RタイヤがSタイヤにより近づき、元の木阿弥になる前に
PN車両では明確な基準のあるAタイヤを使用可能タイヤとして
規定する必要を感じています。
(今回のテストで現在のAタイヤの進化に驚きました。)

ただ、今回のテストコースの浅間台スポーツランドは
路面からの攻撃性が低い傾向なので、
規定採用前には、より路面の荒れたコースでの追試(ブロックダメージチェック)が必要だと思います。

なお、16日に浅間台スポーツランドで開催される
東京・浅間台ジムカーナシリーズ第5戦において、
EP400を装着したアルファのエボⅩが岡野選手のドライブで試走します。
Aタイヤへの懸念がある人は、ご自身の目で確認して下さい。
http://jmrctokyo-g.com/

Aタイヤ2011/10/13 12:55

今日は浅間台スポーツランドでAタイヤ「EP400」のテスト走行です。

テスト車両はエボⅩとデミオの2台で行っています。

結果はタイムこそ落ちますが、十分に競技走行が可能ですし、
騒音も従来のネオバよりも低い傾向となりました。
(ブロック飛びも発生していません。)

アルファとしては、タイヤ戦争が過激になるのであれば
PNクラスは、一定の基準がある、Aタイヤでの走行が望ましいと思っています。

出来れば、来シーズンから選手権規定にて
規制を実施して欲しいと思います。

AタイヤでのエボⅩの走行ビデオは
明日にも、ユーチューブにアップする予定です。

今日も・・・・。2011/06/24 15:13

今日も浅間台スポーツランドでモルモットなお仕事でした。
(午前中のテストでしたが、3台で走り放題でした。)

もの凄い強風でしたが、テスト結果は上々でした。

これで北海道ラウンドに向けてのセッティングは完璧ですので
パイロンタッチやミスコースさえしなければ、かなり期待できます。笑