悩ましい状況2020/03/28 10:12

3月29日の桶川のジムカーナイベントが埼玉県の外出自粛要請を受けて直前ですが5月に延期されました。
外出自粛要請は少なくとも4月19日まで継続されるので、その間イベント開催は難しい状況になったようです。
この外出自粛要請は一都四県(東京、埼玉、千葉、神奈川、山梨)で出されています。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/top-news/nw2020032601.html?fbclid=IwAR0hCf_8o8iL_tKiU6vyaSmyemGFemh8P9_YyOrYQ-GCk4WBLaMdCMHlg3I

なお、4月5日に浅間台スポーツランドで開催予定のJMRC関東チャンピオンシリーズ第1戦(JMRC千葉・東京シリーズ第2戦併設)は緊急事態にならない限り予定の通り開催するとのことで、現時点では延期も中止も無いとのことです。

また、4月12日に開催される予定の関東ジムカーナ選手権第3戦(さるくら・長野県)は開催事務局(南信パーツ内)に電話で確認したところ同じく「よほどの緊急事態が起きない限り開催する意向」との事でした。

何れにしてもオープンスペースでのイベントなので参加者や主催者が注意深く行動すれば限りなく感染リスクが低減すると思いますので、平熱を越える体温の人の参加取りやめや現地でのマスクの着用は必須だと思います。

ただ、イベント参加に関して家族からの強い引き留めが予想されますので、エントリーしていても自主的に参加しない判断をする選手が多いと予想しています。

昨日の東京ジムカーナ部会では・・・。2020/02/13 11:19

昨晩のJMRC東京ジムカーナ部会ではいつもながら熱い議論が交わされました。

イベント報告は2月9日に富士で開催された関東地区戦第1戦に関してですが、トラブルもなく無事に終了したとの報告がありました。

ただ、PN5クラスでのタイヤに関しての問題点が指摘されましたので、今後開催される地区戦での傾向と来年の全日本の新たなPNタイヤ規制を確認してから判断することになりました。

なお、来年に向けてTW280クラスを2クラスから3クラスにする意見も出ましたが、これも今年の参加者数の動向を見てからの判断になりますので、激戦になるとは思いますが積極的に参加して実績を付けて欲しいと思っています。

各地区の判断2020/01/30 10:31

2020年のジムカーナ及びダートライアルの各地区毎のJAF地方選手権におけるクラス区分とタイヤ規制が公示されました。

http://jaf-sports.jp/cms_file/cms/cms_20200129105745_6017_00001.pdf?fbclid=IwAR2YwLx19Sqv8gbaZz5sDkk0GhObkuvRinxbvLKa8NNtsWy7DgjWuDBNE1A

やはり、各地区の部会関係者の苦慮の後が垣間見えますね。

一番の理想は昔のように全日本と地区戦とが同じクラス区分、同じタイヤで統一されることですが、現状は全日本戦と地区戦とが大きく遊離しているので、規則やクラス区分を根本から見直さない限り元のようには戻らないと思っています。

一覧を見て一番の驚きは、九州の地区戦のPN全クラスで現在のPN向けタイヤが一切使用禁止になっていることです。ある意味で英断ではありますが、この地区のPNクラスに参加している選手は全日本九州ラウンドへの参加の経済的なハードルが高くなりますが大丈夫なのでしょうか?

JMRC関東ジムカーナ部会からの公示2020/01/24 10:24

JMRC関東ジムカーナ部会より本年度のタイヤ規制に関しての公示がアップされました。
http://www.jmrckg.com/gijiroku/201912-tire.pdf?fbclid=IwAR105MHEZ_7fle5xwCBCuZNPOeSgsV77r8oCOKZ38_k8ZUH2XMQOuvsBZzU

JMRC関東ジムカーナシリーズ共通規則書
http://www.jmrckg.com/kisoku/2020-kisoku.pdf

公示文章の中のこの部分を個人的に一番評価しています。

「◎.『使⽤禁⽌タイヤ銘柄リスト』は、採⽤しない。
・これまでの『⼀般市販品に対しメーカー及び銘柄を指定しての排除は⾏うべきではない』とのスタンスは続けるべき。
・使える/使えないの判断には明確なルールを制定すべき。 」

小生は「何となくダメ」とか言う銘柄指定の様な曖昧な規則では、タイヤメーカーは新たなタイヤの開発が出来ないので、明確な基準が必須だと思っています。

なお、某社から2月から順次発売されるスポーツ系タイヤは「2019年12月31日現在で、1銘柄で単一コンパウンドかつ国内販売が30サイズ以上のラインナップを有する事、」の規定によりJMRC関東チャンピオンシリーズのS2、S4クラス以外では今年は一切使用できませんので、要注意です。(各都県戦のWタイトル戦でも同じです。)

来年のカレンダー2019/12/13 12:14

今年も残すところ3週間を切り、来年に関東で開催される都県戦の日程をチェックしましたが、ネットでは下記の千葉・東京シリーズしか見あたりません。

http://www.chiba-gymkhana.com/srschedule.htm?fbclid=IwAR3_GxMiO8DXMD_Pm65g06VGLPn-PzZnMtdh7nAMc74d0VD9qABP288Kl5g


来年の関東のシーズンインが早いので、他の県シリーズの日程も早めに知りたいですね。

関東のオールスターシリーズとチャンピオンシリーズの正式な日程は既にアップされています。
http://www.jmrckg.com/kisoku/2020-nite.pdf

関東フェスティバル参加の皆さんへ2019/11/30 09:55

11月24日に浅間台スポーツランドで開催されたJMRC関東ジムカーナフェスティバルに参加して選手の格好いい走行写真がアップされています。
http://www.jmrckg.com/result/resultf.html

「jmrckg@marble.ocn.ne.jp」にゼッケンを申告して請求すれば大きな画像データを送って貰えます。

毎回思うのですが、このサービスは思い出に残るので嬉しいですね。

ND5RC in 関東フェスティバル2019/11/26 11:33

11月24日に浅間台スポーツランドで開催されたJMRC関東ジムカーナフェスティバルにチーム員のND5RCロードスターでPN2-280クラスにアドバンフレバを装着し参戦しました。

結果は上手く乗り切れずに17台中7位だったのですが、楽しく走れたので個人的にはとても満足しています。

今回の関東フェスティバルは総参加申込者数が64名と例年になく少なかったのですが、PN2-280 クラスは17名とそれなりに盛況でしたのでTW280クラスが本格的に始まる来シーズンがとても楽しみになりました。

なお、今回のPN2-280に参加した車両の中に「205/40-17サイズ」のタイヤを装着したND5RCロードスターを確認しました。

「205/40-17」の場合はホイールが8J-17まで使用出来るのでBRZと同様にインチアップの効果が期待できそうです。(装着するタイヤがXL規格である必要がありますので要注意です。適合証明は自己責任にてお願いします。)

関東フェスティバル2019/11/20 10:46

11月24日日曜日に浅間台スポーツランドで開催されるJMRC関東ジムカーナフェスティバルのエントラントリストがアップされています。
http://www.jmrckg.com/img/f/f-ent.pdf?fbclid=IwAR3hmbqxuO4Pn4w08AYXr6u_ygUqD9jrcjOK_ko8er16HuwWYhyxHyiHFh0

小生もチーム員のロードスターでPN2-280クラスにエントリーしますが、総参加台数63台に驚いています。

過去のデータを掘り返したら2003年の198台をピークに年々減少傾向が続いています。

現在のように各県で独自にフェスティバルを開催するなら関東フェスティバルを開催する必要は無いと個人的には思っています。

JMRC関東フェスティバルについて2019/11/01 16:51

11月24日に浅間台スポーツランドで開催されるJMRC関東ジムカーナフェスティバルの参加受付は28日から開始されていますが、PNクラスので参加の際にはタイヤ規制に留意して下さい。

関東フェスティバルのPNクラスは地区戦及び全日本戦とは異なり関東チャンピオン戦のルールに従うことになりますので、08R、12D、β10等は使用できません。(使う場合はS2又はS4クラスとなります。)

また、UTQGのトレッドウェアで規制されたクラスに関してですが、4WDクラスは千葉東京シリーズのTW300以上ではなくTW280以上のタイヤとなります。

小生も参加しますが、いつものVABは岡野選手が試走に使うので、チーム員のNDロードスターでPN2-280クラスにWエントリーする予定です。
http://www.jmrckg.com/img/f/f-toku.pdf

タイヤの話題その22019/09/28 10:04

来年の関東チャンピオンシリーズの規定から縦溝規定が外されると知って新に使えそうなタイヤの報告が次々と入ってきます。

このナンカンの「AR1」の製品説明では「AR-1(エーアールワン)は、サーキット等でラップタイムを競う為のセミスリックタイヤです。(レース用ですが、公道の走行は可能です。)AR-1のTREADWEARは80となります。」となっておりいわゆる「Sタイヤ」ですが、単一コンパウンドで国内販売が30サイズを越えているので来年の規定に合致しています。
https://www.autoway.jp/brand/nankang/ar1/?fbclid=IwAR3q8c-5OK6W2n31LMdZRCP9aj5biWyMM_At58uCXynYCN5AzYjInD8LIDI

今年のチャンピオン戦の主流となっている「A052」との性能差は不明ですが、昨日の「888R」と同様に参加選手には悩ましい状況になりそうです。