GRヤリスのパーツ適合2021/02/06 13:28

昨年9月に納車され今月で5カ月近くが経過しました。

現在では表の通り、一部のパーツを除いて殆どの競技用パーツが完成しました。

アルファのGRヤリスRCへの各種パーツの取付も近日中に完了しますので、いよいよランサーエボⅩ(CZ4A)やWRX・STI(VAB)のPN車両との直接比較テストを行うことが出来ます。

「果たして本当にGRヤリス(GXPA16)はジムカーナフィールドでライバル車に勝てるのか?」が多くの人の一番の関心事だと思いますので、時計の様に正確無比な運転をするアルファサポートの岡野博史選手が公正にテストする予定です。

GRヤリス(GXPA16)ユーザーにとってドキドキの結果は後日プレイドライブ誌に掲載される予定ですのでお楽しみに。

クスコαスペックLSD2021/01/30 09:57

一部で勘違いされている様ですが、アルファが装着するクスコ製LSDはアルファが過去からのノウハウでオーダーした独自の仕様ですから、いわゆる定番の吊るしではありません。

今回のアルファGRヤリスRCに取り付けるLSDも過去からの経験からオーダーしたアルファスペックです。

今回のGRヤリスの初回ロットは既に完売して次回のロットは4月予定との事ですが、注文が集中すると次回のロットも完売する可能性がありますので、早め早めの手配をお勧めします。

GRヤリス・クスコ機械式LSD2021/01/28 12:05

長年、アルファの競技車両にLSDを供給して頂いているキャロッセさんよりGRヤリス(GXPA16)のクスコ製フロントLSDの試作品が送られてきました。

既に昨年末にはリアに試作LSDを装着していたので、今回のフロントLSDを装着すればJAF・PN車両としては強化クラッチを除いて一通り仕上がります。

装着完了次第、浅間台スポーツランドでテスト走行を行います。

下記の動画はリアだけに機械式LSDを装着した時のものです。
https://youtu.be/aT3dGbm6E8c

動画を見ればわかる様に、リアに機械式LSDを装着するだけでも、
それなりにジムカーナ走行する事は可能ですが、
深い角度のターンではフロントオープンデフの為に旋回が維持出来ないのでどうしても旋回半径が大きくなります。

アルファでは競技に参加するには機械式LSDを前後取り付ける必要があると判断しました。(ジムカーナ走行を楽しむレベルならリアだけでも良いと考えています。)

GRヤリスRC開発日記
http://www.ms-alpha.co.jp/PageGR4-Kaihatu.html

販売開始しています。2021/01/20 12:33

GRヤリス(GXPA16)対応のリジット・ブレーキパッドの発売を開始しています。

フロントにはNF材、リアにはNR材を採用して前後のブレーキバランスを最適化しました。(踏力に応じた効き味となります。)

なお、純正の気になるブレーキダストはリジットブレーキパッド装着により大幅に減少いたします。

http://www.ms-alpha.co.jp/MuchBrTOYOTA.htm

GRヤリスRC完成2021/01/19 13:27

GRヤリス(GXPA16)対応のクスコ・アルファ仕様サスペンションの市販品ファーストロットが完成し、早速、関東地区戦トップドライバーの小野田了選手の競技車両に装着しました。

小野田選手のGRヤリスRCにはすでにGR製の機械式LSDや強化メタルクラッチ、リジット・ブレーキパッド等が装着されているので、今回のサスペンション変更によりPN規定競技車両として完成したと言えます。

アルファのGRヤリスRCも来月には完成する予定ですので、とても楽しみです。

浅間台スポーツランド(2021年指定コースC)でのシェイクダウン動画です。
https://youtu.be/wp1m9VHgC30

徐々に完成に近づいています。2020/12/22 15:23

GRヤリス開発日記を更新しました。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageGR4-Kaihatu.html#2020.12.22

リジットの試作ブレーキパッドのテストが完了しましたので2021年1月より発売開始いたします。(予約注文受付中)

アルファGRヤリスRCのジムカーナPN車両化は残すところ、クスコさんの機械式LSDの完成を待つばかりになりました。

次から次に・・・。2020/12/18 10:46

GRヤリスのサスペンションのテストが終わったと思った矢先、今度は試作のブレーキパッドが完成したので再びテスト走行が必要になりました。

まあ、基本的に走るのが大好きなので苦にはなりませんが・・・。

サスペンションを競技用に変更した事によりABSの介入がノーマル時よりもかなり早く始まる様になっていたので、ABSの介入タイミングを遅らせることによる限界の高いブレーキの前後バランスセッティングを模索します。

また、GRヤリスユーザー全員が気にしているブレーキダスト量のチェックも同時に行います。

http://www.ms-alpha.co.jp/MuchBrTOYOTA.htm

サスペンションのテスト完了しました。2020/12/16 15:35

今日は浅間台スポーツランドでGRヤリス・ジムカーナサスペンション(JAF・PN規定対応)の最終確認テストでした。

前後の車高は画像の様な感じに落ち着きました。

サスペンションの仕様は前後ともに全長調整、減衰力伸圧別々調整、フロントキャンバー角選択(3.5~5度)、リジットスプリングマウントシートスラストタイプ装備、純正アッパー付属のフルASSY仕様です。(純正ショックは分解せずに保管できます。)

弊社が採用したスプリングレートは前後14Kですが、ご希望に応じて変更が可能です。

なお、本サスペンションキットは受注生産品で納期は正式なご注文後約一か月後となります。

価格は380,000円(消費税別)でお支払いは事前振り込み限定となります。(代引き不可)

問い合わせ先:048-764-9630
メール:alpha@ms-alpha.co.jp

アルファ・GRヤリスRC開発日記を更新しました。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageGR4-Kaihatu.html#2020.12.16

クスコ・TNサスペンションテスト2020/12/09 13:24

12月7日月曜日に浅間台スポーツランドの2021年フリー指定コースCにて岡野博史選手(アルファサポートドライバー)によりクスコ・TNサスペンションのテストを行いました。

今回が2回目のクスコTNサスペンションのテスト走行になりますが、今回は適正バネレートと適正減衰力の選択をメインとしました。

今回のテストでクスコTNサスペンションはハードなジムカーナ走行でも十分に対応できる事が岡野選手にも体感して貰えました。

今回のクスコのTNサスペンションは全長調整式&減衰力伸圧別々調整式なのでサスペンションセッティングが予想以上に捗りました。

来年のイベントにはアルファでPN向けに最適化したサスペンションキットを装着して参戦する事に決定しました。

なお、設定が完了次第、アルファからも完全ASSYにて販売する予定です。(受注生産品で納期は3週間~1カ月)

当日の走行動画はこちら。
https://youtu.be/Sme8YN667q0

いよいよ待ちに待った・・・。2020/12/03 16:23

某社のショックの目処が全く立たないので、クスコさんにお願いしてGRヤリス用の試作の車高調整サスペンションをお借りしました。

伸縮別々調整式なのでセッテイングが楽になると期待しています。

ジムカーナPN仕様の適正な車高やアライメント、バネレート等は不明ですが、基本が出来ている車なので、それほどセットアップには時間がかからないと予想しています。

やはり、新しい車の開発はワクワクしますね。