GRMNヤリス(GRヤリスGRMN)2022/01/15 11:36

昨日から始まったオートサロンで噂のGRMNヤリス(正式名称:GRヤリスGRMN)が発表されネットでの予約受付も同時に開始されました。

「TOYOTA GAZOO Racing、GRMNヤリスを初公開」
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614826.html?fbclid=IwAR2UTtlDOOYlp8uIcb3zVWSryBdCB5b807hhY9aVOMz5pl1YqSJ_fF9vKa4

「GRMNヤリスのご購入にあたっての留意事項説明書」
https://toyotagazooracing.com/-/media/TMC/tgr/jpn/contents/form/pdf/grmnyaris_agreement/grmnyaris_consideration_2022_01.pdf?fbclid=IwAR06AEkqqWFEeGDUDD4rGXiLtdH9gfJpFcAuMRuIX8IvQPzNT72g8S4mcaU

500台限定(抽選)で約730万円~840万円との事でこれに全てで塗装オプション代が追加されますので最大で約900万円近い車両も存在します。

もはや、一般の選手が競技に投入するのは無理な車種になります。

現在のGRヤリスRCをフルJAF・PN仕様にした場合約500万円弱で乗り出せますので今回のGRヤリスGRMNで競技に参加するのは普通では考えられません。

ただ、この様な限定車がJAF登録車両やJAF/FIA公認車両になったらB級ライセンス競技への影響が大きいので、トヨタには公認や登録は行わない様に強く望みます。(折角、GRヤリスで活性化し始めている4WDクラスが壊滅します。)

なお、GRヤリスGRMNは持ち込み登録車両ではありますが、型式が通常車両と同じであれば、タイヤサイズ等で色々と混乱が予想されます。(車両型式やタイヤサイズ等の詳しいスペックがオープンでないのが一番困りますね。)

今のご時世でモータースポーツを強く意識した車を発売してくれるトヨタさんには大変感謝していますが、思いが強すぎて選手の足を引っ張る事の無いように配慮して欲しいと小生は思っています。

ドナドナ2021/11/12 12:28

本日無時にアルファGRヤリスRCを次のオーナーに引き渡しました。

昨年9月に納車されて約1年間ゼロからの開発で色々と試行錯誤しましたが、先日のJAFCUPの実戦参加で十分な仕上がりであることが証明されました。

トヨタの開発の甘さとも思える細かなトラブルはありましたが、GRヤリスRCの素晴らしいエンジンとボディには感動しました。(名車であることは間違いありません。)

トヨタさんには今後の開発にジムカーナドライバーを採用してよりハードなテスト走行を行い、さらなる煮詰めをする事を強く希望します。

アルファGRヤリスRCはアルファワークスの岡野博史選手の一番弟子に引き継がれますので、来年の関東の地区戦で活躍してくれると思っています。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageGR4-Kaihatu.html

JAFCUP参戦報告2021/11/09 15:44

アルファGRヤリスRC開発日記にJAFCUPジムカーナ参戦報告をアップしました。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageGR4-Kaihatu.html#2021.11.09

アルファGRヤリスで確認したトラブルと対応策2021/10/21 10:56

GRヤリス(GXPA16)ユーザーの為にアルファGRヤリスRCで確認した現在までに発生したトラブルの内容と、その考えうる対応策を開発日記にアップしました。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageGR4-Kaihatu.html#2021.10.20

各トラブルに関してのユーザーの反応を見ると一番気にするのは「バッテリーの液漏れによるボディの腐食」の様ですので、トヨタさんには早急な対応が望まれます。(競技車両としてはエンジンマウントボルトの緩みが一番気になりますが・・・。)

GRヤリスのエンジンマウントその後2021/10/16 14:19

ボルトが脱落したエンジンマウントのボルト取付部分の周辺が再利用出来ない程荒れていたので新品のマウントに交換しました。

取り寄せたエンジンマウントのセンターボルトの締め付けトルクは予想以上に弱かったので、液体ネジロックを塗布して強めに再締め付けを行いました。

これで緩みが出ないと良いのですが・・・。

これからはミッション脱着時には必ず点検が必要になりますが、マウントを外さないとボルトの点検や増し締めが出来ないのがやっかいです。

GRヤリスのエンジンマウントトラブル2021/10/15 09:37

チーム員のGRヤリスRCで左側エンジンマウントのボルトの緩みを確認していましたが、今回、アルファGRヤリスRCでは画像の様に完全にボルトが脱落していました。

テスト走行でターン旋回中にジャダーが発生したのでフロントLSDの効きが弱くなったと判断しオーバーホール作業をしたので今回のボルトの脱落に気が付きました。

すでに2台で緩みを確認しているので、それなりにハードな走行をしているGRヤリスではいずれは発生するトラブルだと推測されます。(ダート走行では以前から多発しているとの情報も耳にしました。)

現状ではメーカー対策品が無いので強化エンジンマウントに交換する事で緩みを防止するしか無さそうです。(アルファGRヤリスRCは後部のマウントは強化していましたが左右はノーマルマウントでした。)

ブレーキオイルカップからの液漏れや今回のエンジンマウントボルトの緩み等、モータースポーツベース車両としては致命的なので早急な対策が望まれます。

強化エンジンマウント
http://www.ms-alpha.co.jp/PageEgm.htm

GRヤリスのエンジンマウントトラブル2021/10/15 09:37

チーム員のGRヤリスRCで左側エンジンマウントのボルトの緩みを確認していましたが、今回、アルファGRヤリスRCでは画像の様に完全にボルトが脱落していました。

テスト走行でターン旋回中にジャダーが発生したのでフロントLSDの効きが弱くなったと判断しオーバーホール作業をしたので今回のボルトの脱落に気が付きました。

すでに2台で緩みを確認しているので、それなりにハードな走行をしているGRヤリスではいずれは発生するトラブルだと推測されます。(ダート走行では以前から多発しているとの情報も耳にしました。)

現状ではメーカー対策品が無いので強化エンジンマウントに交換する事で緩みを防止するしか無さそうです。(アルファGRヤリスRCは後部のマウントは強化していましたが左右はノーマルマウントでした。)

ブレーキオイルカップからの液漏れや今回のエンジンマウントボルトの緩み等、モータースポーツベース車両としては致命的なので早急な対策が望まれます。

強化エンジンマウント
http://www.ms-alpha.co.jp/PageEgm.htm

JAFCUPジムカーナ参戦準備2021/10/12 11:47

11月7日開催のJAFCUPジムカーナ参戦に向けてアルファGRヤリスRCのセッティングをホームコースの浅間台スポーツランドで行ってきました。

前日が計測サービスのお手伝いで同会場に行きましたので2日連続でしたが、頑張ってセットアップしてきました。

予想通りTW300のアドバンフレバのセティングではマッチしないのでリセッティングが必要となりましたが、参加に向けての方向性は確認できましたのでJAFCUP参戦前にもう一度テストを行う予定です。

ジムカーナレッスンin浅間台2021/10/05 13:08

10月3日日曜日に今年3回目(163回)のジムカーナレッスンを開催しました。

受講生は午前5名、午後4名で合計7名となり、やや寂しい参加人数でしたが東方紀美恵選手との手分けしてレッスンとなり、かなり濃密なレッスンが出来たと思います。

11月は開催予定が無く次回の開催は12月26日日曜予定しています。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageG.LessoninASL.htm

JAFCUP参戦2021/10/01 12:12

11月7日に富山県のIOXアローザで開催されるJAFCUPジムカーナへのアルファGRヤリスRC(ドライバー:岡野博史)の参加申込を決定しました。

http://2021jafcup.car.coocan.jp/

岡野選手はJAF関東ジムカーナ地方選手権のJG12クラスチャンピオンですがJAFCUPにはTW280タイヤクラスはありませんのでPNタイヤによるJG5クラスに申し込むことになります。

参加資格は一番優先順位が低い下記の資格です。
「3. 組織委員会の選考に基づく者。ただし前項1.および2.に定めてある参加資格および優先順位を妨げてはならない。」

有資格者の参加申し込みが多い場合には不受理の可能性がありますが、
主催者から参加が認められたら万全の体制で望みます。

岡野博史選手は来年は新型BRZ(ZD8)で地区戦のJG7クラスに参戦する予定なのでアルファGRヤリスでのイベント参戦はJAFCUPが最後となります。