GRMNヤリス(GRヤリスGRMN)2022/01/15 11:36

昨日から始まったオートサロンで噂のGRMNヤリス(正式名称:GRヤリスGRMN)が発表されネットでの予約受付も同時に開始されました。

「TOYOTA GAZOO Racing、GRMNヤリスを初公開」
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614826.html?fbclid=IwAR2UTtlDOOYlp8uIcb3zVWSryBdCB5b807hhY9aVOMz5pl1YqSJ_fF9vKa4

「GRMNヤリスのご購入にあたっての留意事項説明書」
https://toyotagazooracing.com/-/media/TMC/tgr/jpn/contents/form/pdf/grmnyaris_agreement/grmnyaris_consideration_2022_01.pdf?fbclid=IwAR06AEkqqWFEeGDUDD4rGXiLtdH9gfJpFcAuMRuIX8IvQPzNT72g8S4mcaU

500台限定(抽選)で約730万円~840万円との事でこれに全てで塗装オプション代が追加されますので最大で約900万円近い車両も存在します。

もはや、一般の選手が競技に投入するのは無理な車種になります。

現在のGRヤリスRCをフルJAF・PN仕様にした場合約500万円弱で乗り出せますので今回のGRヤリスGRMNで競技に参加するのは普通では考えられません。

ただ、この様な限定車がJAF登録車両やJAF/FIA公認車両になったらB級ライセンス競技への影響が大きいので、トヨタには公認や登録は行わない様に強く望みます。(折角、GRヤリスで活性化し始めている4WDクラスが壊滅します。)

なお、GRヤリスGRMNは持ち込み登録車両ではありますが、型式が通常車両と同じであれば、タイヤサイズ等で色々と混乱が予想されます。(車両型式やタイヤサイズ等の詳しいスペックがオープンでないのが一番困りますね。)

今のご時世でモータースポーツを強く意識した車を発売してくれるトヨタさんには大変感謝していますが、思いが強すぎて選手の足を引っ張る事の無いように配慮して欲しいと小生は思っています。

GR86vs新型BRZ2022/01/13 12:20

先日のチームSTPの新年会でチーム員のGR86RCに試乗しました。

このGR86RCはタイヤがミシュランのPS4Sに変更されていること以外はラインオフ状態でしたが、新型BRZとの違いに驚きました。

これほどの違いは旧型のBRZと86では感じなかったので、スバルとトヨタとのスポーツカーに対する感性の大きな隔たりには驚くばかりです。

実際にフルジムカーナ仕様に変更して比較しないとジムカーナでの適正は判りませんが、小生はラインオフ状態では新型BRZの方がGR86よりも乗りやすく感じましたのでジムカーナ仕様においても新型BRZの方が乗りやすいと予想しています。

何れにしても、近日中にアルファにて比較テストを行いますので新型BRZか?GR86か?で迷っているジムカーナ屋さんは少しお待ち下さい。

GR86(タイヤミシュランPS4S装着)
https://youtu.be/6uqzn4tTaY0

新型BRZ(タイヤはアドバンV701フレバ)
https://youtu.be/1uUvD5EAZS0

GR86の受注一時停止2021/12/23 10:15

アルファ関係者のGR86RCは9月3日発注で今週末には納車されるので、
多くの問い合わせがあるRIGID製品の正式なマッチング確認は来年1月を予定しています。(事前の予想では一部の外装品を除いて共通と思われます。)

GR86は受注が多い影響により現在の納期は約5ヵ月を超えているとの事で、1月末頃に新規の受注を一時的に停止するとの情報があります。(念のために各トヨタディーラーさんに直接確認してください。)

GR86の購入を検討している方は早目の契約をお薦めします。
(アルファではGR86の新車購入から競技車両制作までお受けしております。)

なお、BRZの現在の納期は約3ヵ月との事で受注の停止の情報は来ていません。

ジリジリと・・・。2021/12/16 09:40

今週はこの新型BRZのフルPN車両化です。

小生の来シーズンのライバル?になる予定の車なのでバッチリ仕上げます。(一緒に遊んでくれる仲間です。)

来シーズンの関東シリーズには新型BRZやGR86が大量にエントリーすると予想されますので、かなりの激戦クラスになると思われます。

60代最後のシーズンを精一杯頑張りたいと思っています。

全てが遅れています。2021/11/25 12:23

現在、車両が完成してラインオフされても取り付ける純正ナビやETCが半導体不足でディーラーに届かず、ユーザーへの納車が大幅に遅れている様です。

また、ヘルメット関係も生産や輸入が間に合わない状況が続いていますので、必要な場合は全て前倒しで手配する必要があります。

新車で来シーズンのイベント参加を検討しているのであれば、すぐにオーダーする事をお勧めします。

新型BRZ開発日記2021/11/19 14:57

先日のテスト走行動画をアップした「新型BRZ開発日記」を更新しました。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageBRZ-ZD8.html#2021.11.18

大変申し訳ありませんが、装着ホイールサイズ及び各タイヤのエアー圧のデータは諸事情により非公開といたしました。(各動画にてご推察下さい。)

GR86正式発表2021/10/29 10:43

GR86が正式発表されました。
https://toyota.jp/gr86/

仕様比較を見る限りGR86の6MTを改造して競技に参加するなら、どう考えてもRCがお得ですね。(乗り出しでコミコミ270万円(値引き後)なのが嬉しいですね。)
https://toyota.jp/gr86/grade/equipment/?left=37_5&right=37_2&padid=from_gr86_grade-37_5_footer_equipment&fbclid=IwAR0ZUeUeQCpM778vcaapNM73LoyhvtnsmWqjI_JDvv5Db0v1TzJw7s5YTI8

噂では来年のジムカーナ界は新型BRZとGR86が大増殖する様なので超激戦クラスになりそうです。

GR86/新型BRZの新車購入から競技車両製作までアルファにお気軽にご相談下さい。
http://www.ms-alpha.co.jp/

新型BRZ(ZD8)のMTvsAT2021/10/26 12:56

昨日は浅間台スポーツランドでチームSTPの練習会でしたが、同時に新型BRZ(ZD8)のMT車とAT車とのジムカーナ走行に於ける性能比較テストを行いました。

気になるテストの詳細はプレイドライブ誌の2022年1月号に掲載されますが、AT車は予想以上に速いので、来年の2ペダルクラスでの活躍が楽しみです。

AT車の走行動画
https://youtu.be/W0R0ApP7wnw

新型BRZサスペンションキット新設定2021/09/28 10:14

クスコサスペンションをベースにアルファのノウハウを注ぎ込んだ新型BRZ(ZD8)対応ジムカーナ(JAF/PN.N車両)競技用サスペンションキットを新設定いたしました。(ミニサーキット走行にも適しています。)

適合車種:BRZ(ZD8)
品番:ASKA-ZD8

本体価格:\360,000
税込価格:\396,000

受注生産品
納期:約1ケ月

仕様
・JAF・PN/N車両規定準拠
・純正アッパーマウント付属の完全ASSY(純正ショックは分解せずそのまま保管できます。)
・基本バネレート:フロント7K、リア9K(希望により変更可)
・全長調整式&ネジ式車高調整機構
・シム式キャンバー調整機構
・減衰力伸圧別々調整式(各24段調整)
・リジット・スプリングマウントシートスラストタイプ装備(フロント:SSB-601 リア:SSB-616)
・仕様変更及びオーバーホール可能(有料)

http://www.ms-alpha.co.jp/PageSUS.htm

新型BRZ/GR86の車高について2021/09/24 11:37

86前期型で指摘されたウインカーの高さ問題が新型BRZやGR86でも問題になる事を指摘されました。

幸いアルファBRZは現状で最低地上高が約95mmでウインカー位置は規定下限の35cmをクリアしていますので問題はありませんが、これ以上車高を下げると保安基準に抵触する可能性があります。(ナンバー付モータースポーツでは国が定める保安基準を順守する必要がありますので要注意です。)

なお、測定する部位(発光部?リフレクター部)によって判断が分かれそうですので、正確には陸事での確認が必要です。

「ZN6型86に於ける車高問題」
http://www.ms-alpha.co.jp/PageBRZ.html#2012.01.24