次から次に・・・。2020/12/18 10:46

GRヤリスのサスペンションのテストが終わったと思った矢先、今度は試作のブレーキパッドが完成したので再びテスト走行が必要になりました。

まあ、基本的に走るのが大好きなので苦にはなりませんが・・・。

サスペンションを競技用に変更した事によりABSの介入がノーマル時よりもかなり早く始まる様になっていたので、ABSの介入タイミングを遅らせることによる限界の高いブレーキの前後バランスセッティングを模索します。

また、GRヤリスユーザー全員が気にしているブレーキダスト量のチェックも同時に行います。

http://www.ms-alpha.co.jp/MuchBrTOYOTA.htm

GRヤリスRCのサスペンションテスト22020/12/12 10:47

クスコさんのGRヤリス対応サスペンション(スポーツG)の基本仕様のテストが完了しましたので、いよいよアルファで味付けしたジムカーナ向け仕様のテストを始めます。

前後にリジットのスプリングマウントシートスラストタイプを追加して、より動きの良いサスペンションセッティングを目指します。

なお、リアのマウントシートは車高調整が簡単に出来るスペーサー方式に変更しました。

フロントにはSSB-U65、リアにはSSB-012を採用しています。
(リアのスプリング取付長変更による細かな調整にはSS653510を使用します。)

http://www.ms-alpha.co.jp/PageMountSeatThrustType.html

クスコ・TNサスペンションテスト2020/12/09 13:24

12月7日月曜日に浅間台スポーツランドの2021年フリー指定コースCにて岡野博史選手(アルファサポートドライバー)によりクスコ・TNサスペンションのテストを行いました。

今回が2回目のクスコTNサスペンションのテスト走行になりますが、今回は適正バネレートと適正減衰力の選択をメインとしました。

今回のテストでクスコTNサスペンションはハードなジムカーナ走行でも十分に対応できる事が岡野選手にも体感して貰えました。

今回のクスコのTNサスペンションは全長調整式&減衰力伸圧別々調整式なのでサスペンションセッティングが予想以上に捗りました。

来年のイベントにはアルファでPN向けに最適化したサスペンションキットを装着して参戦する事に決定しました。

なお、設定が完了次第、アルファからも完全ASSYにて販売する予定です。(受注生産品で納期は3週間~1カ月)

当日の走行動画はこちら。
https://youtu.be/Sme8YN667q0

GRヤリスRCのサスペンションテスト2020/12/05 14:06

昨日は浅間台スポーツランドでGRヤリスRCのクスコ製車高調整式サスペンション(伸圧別々調整式)のジムカーナテスト走行を行いました。

暫定仕様なので今から適正バネレートを探すことになりますが、現時点の仕様でも十分にジムカーナ走行が可能であることは確認できました。

画像の通り車高も良い感じに落ち着いています。

今回はショックを馴染ませる目的もあり小生一人でのプレテストでしたが、近日中に綿密なテストを行いたいと思っています。

なお、予想の通り減衰力の伸圧別々調整ショックでのサスペンションセッティングはとても楽でした。

GRヤリス牽引フック2020/11/28 14:31

大望のGRヤリス用の可倒式牽引フックがオクヤマさんから届きました。

過去に例がない程長いロッドに驚きましたが、これで万が一の時に安心して牽引が出来ます。

これから取付ですが如何に綺麗に穴あけ加工して取り付けるのか?がアルファの高橋工場長の腕の見せ所です。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageY-1021FK.html

楽しみです。2020/11/12 11:54

アルファのGRヤリスRCはクスコαスペックLSDの完成待ちなのでまだ先ですが、いち早くチーム員の車にGR製の前後機械式LSDと強化メタルクラッチを取り付けました。

GRヤリスの整備性は決して良いとは言えませんが、ミッションはエンジンを降ろさずに何とか脱着することが出来ました。

近日中に前後機械式LSDの装着効果をLSD無し車との走行比較テストで検証する予定です。

GRヤリスの痒いところに手が届くパーツ・その32020/10/30 12:30

「GRヤリスの痒いところに手が届くパーツ・その3」としてリア・サスペンションに自由長8インチ(200mm)のID65直巻スプリングを使用する際に便利なスプリングマウントシート「SS-012及びSSB-012」を設定しました。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageGR4-Kaihatu.html#2020.10.29

なお、フロントにID65直巻スプリングを装着する際には純正アッパーマウントベアリングの保護のために「SSB-U65」の併用をお奨めします。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageMountSeatThrustType.html

お待たせしました。2020/10/29 10:46

大変お待たせしました。

シートポジションの適正化に役立つGRヤリス(GXPA16)のリジット・クラッチストッパーは明日よりデリバリーを開始いたします。

既にご注文を完了されている方には明日より出荷手配をいたします。

なお、初回ロットが完売しますと次回ロットは11月下旬~末となります。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageCstopa.htm

GRヤリスRCとの1ヶ月2020/10/28 11:21

アルファにGRヤリスRCが納車されて丁度1か月になりました。

10月1日のシェイクダウンから6回ほど浅間台スポーツランドで走行して、既に3,000km近く距離が進みました。(運転が楽しすぎて・・・。)

この車のG16E-GTSはある程度距離を走った方が調子よくなる様で、現在はかなり良い感じに馴染んできています。

この1か月3,000km走行で感じたGRヤリスRCの小生の個人的な総合評価は「国産車としてはあり得ない完成度」です。(今後評価が変化する可能性もありますが・・・。笑)

一々具体的な事は書きませんが、こんな車(余計な制御の無いガソリンターボ4WD)を新車で買えるチャンスはもう二度と無いかもしれませんので、多少無理をしてでも車好きなら買うことを薦めます。

ただ、ラインオフでも純粋な競技車両なので全開走行をしないファミリーユースや通勤車として選択するのは避けた方が良いと思います。

なお、最近ではある程度の値引き販売もあるようなので、RCではオートエアコンや18インチホイール、グラベルデフ等のオプションを選択してもコミコミ360万円程度で乗れると思います。

2日連続で浅間台詣2020/10/27 12:43

日曜・月曜の2日間連続で浅間台スポーツランドでした。

日曜日は計測サービス付フリー走行のお手伝いで月曜日はGRヤリスRCのテスト走行でした。

流石に2日間連続での早起きは体に応えますが老骨に鞭打って頑張りました。

今回の計測サービスではチーム員の福嶋君が計測を殆ど担当してくれたのでGRヤリスRCのデモ走行を行うことが出来ました。

有り難いことに参加していた旧知の西田選手が小生の走行を撮影してくれましたのでユーチューブにアップしました。

運転はダメダメですが、タイヤがブルーアースGT装着以外はラインオフ状態でも結構楽しく走れる事が判って貰えると思います。

計測サービス当日限定コース
https://youtu.be/5MQnQUZZ_qw

フリー定番Aコース
https://youtu.be/zkDbJDOWxDA