GRヤリスRCのローダウン2020/11/24 11:43

22日日曜日は今年最後のジムカーナレッスンでした。

受講生は9名で講師の大脇選手と小生とで手分けしてレッスンを行い時間的に余裕が出来たので、アルファのGRヤリスRCのテストも軽く行うことが出来ました。

今回はアルファのRCを含めて全部で4台のGRヤリス(RC×3台、RZHP×1台)が来ていたので、全てのGRヤリスでジムカーナ走行を小生自ら行いましたが、それぞれのエンジンパワーの違いに驚きました。

単に慣らし走行の結果と言うにはパワーが違いすぎていて、3000km以上走っているアルファのRCと900km走行のRZHPとでは体感パワーでは50ps近いパワー差を感じました。(3000km>2000km>1000km>900kmと明確に違いを感じました。)

距離によるパワー規制プログラムの有無に関しては確認していませんが、明らかに距離によるパワー差があることは確かなので、走行距離の少ない車両でのパワーチェックは無意味だと思います。

なお、アルファのRCには暫定的にローダウンスプリングを付けてジムカーナ走行をしましたが、結構良い感じで走れました。フロントが20mm、リアが25mmダウンです。フロントのバンプラバーはアルファのウレタンバンプラバー「AA2-BR22」をカットせずに使用しました。
http://www.ms-alpha.co.jp/PageBumpRubber.html

GRヤリスはボディやサスペンションの基本性能が良いのでストリート向けのローダウンスプリングでも問題なくジムカーナ走行が出来たのかもしれません。

参考として浅間台スポーツランドのフリー指定コースBを走行した動画をアップしました。
https://youtu.be/DQzLJUtf2yU

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boushachou.asablo.jp/blog/2020/11/24/9319895/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。