パドックスペース考2015/05/01 15:50

先日、エビスサーキットで開催された
全日本ジムカーナ選手権・第3戦は
会場側の全面的な協力により
初めての開催ながらスムーズな進行となりました。

ただ残念ながら、今回のイベントで唯一気になったのは
パドックスペースの狭さでした。

昨年まで開催されていた仙台ハイランドでの
パドックスペースは3m×6mサイズで非常に快適でしたが
今回はかなりパドックサイズが縮小されてしまい、
予備スペースを申し込まなかった選手は
狭すぎて非常に不便をしたようです。
(PN4クラスの某選手はあまりの狭さにどうにもならず
仕方なく主催者に申し出て場所を変更して貰っていました。)

予備スペースはあくまでも予備であり、
無くても問題なく競技に参加出来る
基本的なスペースをあてがって欲しいと思います。

第5戦の北海道ラウンドの規則書では予備スペースのサイズが
2.3m×5mとなっていました。
このサイズが基本的なパドックサイズであれば、
ランサーエボⅩでは左右で各25cm、後方50cmしか
スペースが残りませんので、荷物の積み降ろしや
乗り降りも困難ですし荷物置き場スペースも確保出来ません。

参加する際に、予備スペースの申込が必須となる状況は
好ましく無いと思いますが・・・。

会場のスペースの関係で、そのサイズが限界なのであれば
参加台数を制限するなり、より広い区画を基本として
予備スペースの申込を制限する事も考えて欲しいですね。

BRZ・86・WRX対応パーツ2015/05/02 08:32

BRZ・86 WRX-STI対応のリジット・スーパーインナーシューに
ハーフセットを追加設定しました。

スバル系の脆弱なバックプレート場合には
効きの強いシューを使用するとバックプレートが歪んで
引きずり現象が発生したり効きが落ちる傾向がありますので、
片側(後部)に純正シューを使用するセッテイィングに対応しました。

当然、前後使用に比べてサイドの効きは落ちますが、
レギュラータイヤを使用する中級ドライバー以上では
問題なくターンが可能です。

なお、シューのベースには歪みに対しての信頼性の高い
純正シューをあえて採用しました。

http://www.ms-alpha.co.jp/PageNew.htm#281

JMRC関東チャンピオンシリーズ第3戦2015/05/07 07:52

5月10日に新潟県のR-SPEC Kakizakiで開催される
JMRC関東チャンピオンシリーズの参加者リストがアップされています。
http://www.jmrckg.com/img/c03/c03-ent.pdf

昨年の69台の参加者から今年は88台と大幅に増えています。
特に小生が参加しているPN3クラスは
昨年の8台から15台と7台も増えて盛り上がって来ています。

関東では地区戦とチャンピオン戦との棲み分けが
上手く行っている気がします。

西原正樹選手からモリゾウさんへ2015/05/08 10:32

フェイスブックに書かれていた、
全日本ジムカーナのトップドライバー西原正樹選手から
トヨタ自動車代表のモリゾウさんへの提案コメントが
とても素晴らしかったので、ご本人の許可を得て下記の記します。

このブログを読んだトヨタ関係者からモリゾウさんに
このコメントが伝わることを期待しています。


「モリゾウさんにお願い

モリゾウさんもGYMKHANAはご存知だと思います。

一般の人がモータースポーツに興味を持って
一番手軽に始められる競技がGYMKHANAだと思っています。

競技会に参加しなくとも、車で遊ぶ原点、
昔は山路で友人と競争したり、駐車場で競争したり、
カートコースで遊んだり、ミニサーキットで遊んだり、
モータースポーツファンの一番底辺をサポートし
盛り上げてもらえないでしょうか。

MT車でもAT車でも気軽に遊んで楽しんでもらえる場を
たくさん作ってください。

GYMKHANAの起源はヨーロッパの馬を使った
タイム争いと聞いております。

普段使っている車で遊ぶ、気軽に車で遊ぶ、
通勤車両で終わらせない。

TOYOTAが頑張れば、GYMKHANAの歴史が変わる。

世界中にあるGYMKHANA形式のトライアルをまとめてください。

GYMKHANA、AUTOKHANA、SOLO、
いろんな名前で世界で遊んでいます。

ケンブロックのおかげで有名になったGYMKHANA、
モリゾウさんも中部地区では色んなGYMKHANAがあります、

全日本選手権もあります、ぜひご体験してください。

そしてコース設定や競技形態などアドバイスをお願いします。

日本で一番参加者を集めるGYMKHANAに
ご注目よろしくお願いいたします。

皆様のご意見お待ちしております。」

関東チャンピオン戦・第3戦2015/05/12 15:27

5月10日にR-Spec柿崎で開催された
JMRC関東ジムカーナチャンピオンシリーズの
PN3クラスに於ける入賞者の面々です。

小生はダメダメでしたが、PN3クラスの入賞者(5名)の内
3台がリジットパッド&スーパーオーリンズ アルファスペックだったので
心の傷は最小限で済みました。笑

それにしても、BSさんのニュータイヤRE71Rのシェアが
とんでもない事になっています。
今回のチャンピオン戦では、小生以外は
全員RE71Rでの参加となりました。
(当然、表彰台はBSさんの独占です。)

同日開催の中部での地区戦でも同じ様な傾向だったとのことで
全国的な傾向になっている様です。

ある意味で過去に例のない異常な状況なので
YHさんやDLさんTYさんには是非奮起して欲しいですね。

2016年の車両規則2015/05/13 10:58

昨日のJMRC東京ジムカーナ部会では
2016年の車両規則に関しての意見聴取が行われました。

会議の席上で、
小生からは「PNクラスに於けるデフマウントの強化」を提案しました。

また別途、「PNクラスの於けるオープンカーへの
ロールバー取り付け義務の廃止」を提案しています。

デフマウント強化に関しては、
現状でエンジンマウントとミッションマウントの強化が
PN規定上許されいるので、
諸トラブル防止の観点からもデフマウントの強化は
PNクラスに於いても、当然許可されるべきだと考えています。

また、PNクラスに該当する最新のオープンカーに於いては、
各メーカーでロールオーバーテストを行っている現状から、
旧車とは異なり、安全性を十分に確保出来ると考えられます。
これにより、新型ロードスターやS660等が
ジムカーナに参加する際の敷居を引き下げる効果も
期待できると思います。

今晩から名阪2015/05/15 09:32

多くの選手が今日から走り込んでいますが、
アルファは明日からの参戦となります。
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/lazy_ws/meihan_rd.html

今回の成績がシリーズでの大きな影響を与えるので
とても大切なイベントとなります。

今回はデフやクラッチ、サイドブレーキを
完璧にメンテナンスして臨みますので
後は岡野選手のテクニックに100%任せます。

動画アップしました。2015/05/19 08:22

2015年5月17日に奈良県の名阪スポーツランドで開催された
全日本ジムカーナ選手権第4戦におけるリジットワークスランサーを
操る岡野博史選手の走りです。
残念ながら3/1000秒の超僅差で2位となりましたが、
ギャラリーからは歓声が上がる激走です。
https://youtu.be/U8Z3deOB5Yo

今回の結果で最大のライバル茅野選手とのポイントが
イーブンになり、次戦の北海道ラウンドが勝負所になります。

今年の全日本ジムカーナのPN4クラスは
ギャラリー的には見応え十分ですが、
関係者としては胃の痛くなるシーズンとなっています。

今日は浅間台スポーツランドでテストです。2015/05/20 08:17

今日は浅間台スポーツランドでBRZのテストです。
以前から気になっている部分の確認です。
一日じっくりと腰を据えてテストします。

ダンシング・チェッカー2015/05/21 09:17

先日の全日本ジムカーナ選手権・名阪ラウンドで撮影した
チェッカーフラッグを振るオフィシャルの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=hhh8EDF8Ewo

この動作を土曜・日曜で約700回行うパワーと情熱に脱帽です。

東北のジャンピングスターターと同様に全日本の名物ですね。

こらからもお二人には頑張って欲しいですね。