タイヤ戦争2014/03/29 07:35

今シーズンの話題は
86・BRZワンメークレースを舞台にした
ヒートアップしたタイヤ戦争だと思います。

各タイヤメーカーの威信をかけた開発競争が展開され
関係者全員が開幕戦での性能比較に固唾を飲んでいると思います。

当然、この競争の余波はジムカーナのPNクラスで走行する
86・BRZにも影響し、選手はとっては悩ましいシーズンとなりそうです。

噂で流れていた来年度からのJAF・PN車両規定におけるタイヤ規制も
未だに正式公示されていないので、
来年も選手には悩ましい状態が続く事になるのでしょうか?

ちなみに、下記が86・BRZワンメイクレースのタイヤ規定です。
JAFのPN車両規定に酷似していますが、
3、に記載されている条文により過度なタイヤは
主催者判断により今後規制される可能性は十分にありますね。


第11条 タイヤおよびホイール

1.タイヤサイズ : 205/55R16 

2.使用するタイヤは全て同銘柄(左右非対称パターンを含む同一トレッドパターン)で下記事項を満たすこと。

①.タイヤ接地面にタイヤを1周する連続した複数の縦溝を有していること。ただし、縦溝 のみを有したタイヤの使用は認められない。

②.当該縦溝はトレッドウェアインジケータ(スリップサイン)が出るまで維持されていること。

③.国内市販タイヤ。

3.T.R.A.が通称Sタイヤ(モータースポーツ競技用タイヤ)およびそれに順ずると判断したタイヤの使用は認められない。

4.タイヤおよびホイールはいかなる場合も他の部分と接触しないこと。

5.タイヤおよびホイールは車軸中心より前方30度・後方50度の範囲内でフェンダーから突出していないこと。

6.タイヤ中心より両側55mmの範囲内は常にタイヤ溝深さを1.6mm以上有すること。また常にタイヤのスリップサインは出ていてはならない。

7.タイヤの加工または当該大会技術委員長により加工していると判断されるものは使用を認められない。

8.ウォームアップ、クールダウン、溶剤塗布等は認められない。

9.使用するホイールは全て同一のものであれば、下記のサイズの物に限り変更が認められる。「16インチ/7.0J(JJ) インセット48mm」

10.ホイールはスチール製、またはJWLまたはVIAマークのある軽合金製とする。

11.ホイールナットの材質および形状の変更は認められる。但しホイールディスク面より突出しないこと。

12.ホイールスペーサーの使用は認められない。


規定に合致した範囲で、最高の製品を開発し市場に提供するのは
メーカーにとっては当然の営業活動だと思います。
だた、行き過ぎた競争の歯止めをするのが
競技を司る団体の責任だと僕は思っています。