スバル・XV2014/03/26 08:16

3月1日にスバル・XVハイブリットが納車されて、
すでに1300km程走り回りました。
アイドリングストップからのエンジン再始動の際の振動が
少し気になる事以外ではおおむね満足しています。

燃費も乗っていたBP5型のレガシィツーリングワゴン(NA・SOHC)より
平均で約3km程度向上している様です。

今回のXVの購入の目的は「スバルのハイブリッドへの興味」と
「アイサイトに乗りたい」でした。

試乗の際の印象の通り、スバルのハイブリッドは
燃費重視では無く、加速の際のモーターアシストが主目的の様です。
イメージとしては電動スーパーチャージャーですね。
Sモードでの加速はなかなかトルクフルで気持ちの良い加速をします。

期待のアイサイトは高速道路や渋滞の時に威力を発揮しますが、
メーカーの注意書きの通り、
アイサイトが夕方の真正面からの逆光の影響でエラーしました。
雨の中のたんぼ道での走行時についで2度エラーしました。

やはり、光学式と全方位レーダー式との併用が
自動運転には必至なようですね。

アイサイトを積極的に使用しての走行は
非常に快適で疲労度もかなり軽減されますが、
機械にはエラーが付きものなので過信は禁物です。

それでも、次もアイサイト付きの車を選ぶと思いますが・・・・。

コメント

_ AH-47S ― 2014/03/26 21:16

アイサイトは運転補助装置でして、自動運転装置ではありません
なおACCを過度利用すると、H/Uの寿命を縮める方向になります
元来人間の脚力とM/V負圧の補助で制動していたものをモーター
加圧だけで無理にあのクソ重たい車体を止める訳ですから
いざという時、VDC、ABSが使えなくなるリスクが高まります
そちらの方が私にとっては怖いですね、ACDが死んだエボ並に

_ 某社長 ― 2014/03/28 10:50

AH-47Sさんのご意見は
このブログを読んでいる富士重工の開発陣には
十分届いていると思います。
ただ、人の車にたいして「クソ」呼ばわりは失礼千万ですね。
どんなに正しい意見も品位の無い文章では台無しになりますよ。

_ 某社長 ― 2014/03/28 10:55

そうそう、もう一言、
僕はアイサイトが自動運転装置とは一言も言っていませんよ。
ただ、これからの自動運転化に際しての
大切な技術だと高く評価していますが・・・。
今回は、今後の自動運転化に際しての意見を書いただけです。
これでも、車業界で生きていますので、
素人扱いされたのは非常に心外ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boushachou.asablo.jp/blog/2014/03/26/7254329/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。