来年のPN及びAE車両の規定2012/08/11 04:31

JAFから正式な公示が発表されましたが、
来年からPN及びAEクラス車両でのエンジンマウント・ミッションマウントの
変更が許される事になりました。
また、同時にAEクラス車両へのLSD装着も認められました。

http://www.jaf.or.jp/msports/msinfo/image/ms_news233.pdf

今回の規定変更はダートラ界からの強い要請があったと聞いていますが、
エンジンマウント交換に関しては、
ジムカーナでは乗りごごちの悪化を嫌う声が一部でありますが、
効果が期待できるので、ほとんどの選手が強化せざるおえないと思います。

AEクラス車両のLSD交換は振興策としては有効だと思います。
再びCR-Zがジムカーナで復権する可能性が出てきました。

噂の通り来年からPNクラスが4クラスになります。

「クラス3:気筒容積1600ccを超える2輪駆動(FF、FR)の
PN車両のうち、FIA/JAF公認発行年またはJAF登録年が
2012年1月1日以降の車両」

残念ながらFT86系の明確な振興策とはなりませんでしたが、
当面はFT86系がメイン車両になると思われます。
ただ、今後発売される新型のFF及びFR車両のポテンシャル次第で、
このクラスの勢力図が大きく変わってゆくと予想されます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boushachou.asablo.jp/blog/2012/08/11/6537898/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。