ベルトの取り付け2012/07/24 08:26

写真の様なアイボルト取り付け方法の車を確認しました。

社外のシートレールにアイボルトを純正キャッチャーに
共締めする固定方法です。

シートレール固定ボルトに
適当なアンカーブラケットを付ける方法よりも
より安全性な感じはしますが、
JAFの規則上では、認められない取り付け方法となります。

規則では、

「メーカーの取り付け部を使用しないで新設する場合は、
必ず次の補助座金を使用しなければならない。
補助座金は鋼鉄製とし、ボルト穴の径はJIS B1001の2級以上とし、
座金のかどは半径6mm以上の丸、
または6mm以上の45度面取りを行うこと。」

なので、殆どの車では、運転席左側はボディに穴を開けて
規定サイズのあて板を当ててアイボルトを固定する必要があります。

車体に穴を開ける事に抵抗があることは理解出来ますが、
より安全が確保されるので、
リスクのあるハードな走行を行う、
モータースポーツ参加車両では仕方ない事だと思っています。

http://www.jaf.or.jp/msports/rules/image/2012regulation_fusoku.pdf

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boushachou.asablo.jp/blog/2012/07/24/6520683/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。